無戸籍人口1300万、統計経費1000億


0501a (引用元:新京謚・ 5月1日)  中国国家統計局局長の馬建堂(マケントウ)氏は、今回の中国全土人口調査により、“戸籍がない”人口は約1300万人、その大部分が“密かに産んだ、戸籍外の子供”「中国語:超生人蜻頀(チョウセイレンウェン)」だと明かした。

「超生人蜻頀(チョウセイレンウェン)とは:
中国が1979年から人口増加を制限するため、法規制“一人っ子政策” を実施した。
子供は戸籍上では夫婦一組に対し一人しか持てないため、一人以上密かに産んだ子供が戸籍外で生まれ、成長していくことになった。
こうして生まれた子供達は「黒孩子」(ヘイハイズ)、「中国語:超生人蜻頀(チョウセイレンウェン)」と呼ばれ、国民として認められないため、学校教育や医療などの行政サービスを受けることができないといった状況にある。

また、一人っ子政策は違反すると罰金を払うことになるが、高額所得者は罰金と引き換えに、第二子以降も変わらずに産んでおり、対策の強化を検討する必要があった。

中国国家統計局局長の馬建堂(マケントウ)氏はまた、2000年の統計数字と比べ7390万人増加し、中国全土人口は13億3900万人に達したが、1990年の人口増加と比べ、5600万人減ったとし、“一人っ子政策”の効果があったと評価した。





*

    コメント投稿は登録の必要はありません。

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメント数: 1 件【表示非表示

    中国インターネット新聞さん 2011年5月1日 15時11分

  • 一人っ子政策を違反すると罰金を払うことになるが、1人子供当たり、世帯年収の3倍に相当する罰金が科せられるそうだ。

Comment Feed