iPhone5はiPad2の縮小版。アップルはアメリカで多くのキャリアと協業を推進。発売日は9月?


0803001
2011年度のiPhoneの販売目標は2500万台となっており、「水滴状」と噂されているiPhone5のヒットは十分期待される。

今年、9月か10月に発売予定のiPhone5の外見は、iPad2の縮小版だと、Rodman&RenshawのアナリストAshok Kumarが推測。

「iPhone5の各パーツの確証できるデータはないが、デザインはiPad2の縮小版のイメージになるでしょう」と述べていた。

iPhone5のいくつかの新しい特徴として探ってみると:
OmniVisionとsonyが 800万画素数の携帯カメラ用センサー部品を提供すると報じられている。

iPad2同様のiPhone5もA5チップを搭載する可能性が高い。すでにAndroid版携帯のプロセッサのスピードは了1.2GHzを達しており。A5チップを搭載プロセッサは1.2~1.5 GHzの可能性が高い。

また、NFC技術を導入する可能性が出ている。
NFCとは、ソニーとPhilips社によって開発された近距離無線通信規格の名称である

iCloudサービスiTuneの中にiCloudサービスを導入することにより、クラウド型サービスをiPhone 5にも提供するそうだ。

つまり、いままでのiTuneから買った音楽をいちいち、iPhone 5などの携帯端末へダウンロードする必要がなくなり、ワイヤレスリモートアクセス方式で、各pc端末やIPAD、iPhoneから自分の共有サーバーへアクセスし、画像や、音楽、カレンダー、ファイルなどを保管しておき、いつでもどこでも利用することができるサービスである。

アップルは、アメリカでは独占販売権をキャリアに与えず、より多くのキャリアを取り組もうと動いている。

アメリカで大手の代表的な携帯電話会社(キャリア)といえば、T-Mobile ・ Verizon ・ AT&T ・ Sprint である。

VerizonとAT&Tはアップル携帯を販売しており、運営会社は今後もSprintであると報じられている。(注:Sprint社はアップル携帯を販売していないが、今後販売する可能性があると海外メディアで報じられている。)

なお、中国各キャリアの最新であるiPhone戦略については、下記関連記事参照。
関連記事:中国三大通信事業者、揃ってiPhone携帯販売に本気となる

参照元:
国際財経





*

    コメント投稿は登録の必要はありません。

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>