『中国ICP登録・ICPライセンス申請』対策方法マニュアル。これで、すっきり?


0710b0ICPとは:(Internet Content Provider)中国国内で公開するすべてのウェブサイトは、非営利目的であれば「ICP登録」を、営利目的であれば「ICPライセンス」を取得しなければいけない。これは中国政府が、2005年2月から実施をしているウェブサイトの審査制度である。

注1:当法案は香港地区は対象外となっていること。
注2:サーバーが中国国内にいない中国語版サイトは、管轄外のためICP申請不要であること。

①ICP登録とICPライセンス取得方法の違い:

ICP登録のイメージ:日本の役所に届出を出すようなイメージで、しかもインターネットを通じての、登記も可能。
下記オンライン申請窓口(中国語):http://www.miibeian.gov.cn/

ICPライセンスのイメージ:中国語で《逕オ信与信息服蜉。荳壼苅扈剰是隶ク可隸=tという、また略称で中国では『ICP許可証』とも言う。つまり、日本の役所で申請し許認可を受け取らなければいけないようなイメージで、申請資料も煩雑。専門代行会社経由での申請をお勧めする。

※日本の企業の場合:ICPライセンスについては、中国企業の資本比率が51%以上なければ取得できず、外国企業が100% 出資をしている会社はICPライセンスの取得はできない。
しかし、タオバオモール(淘宝商城 tmall)への出店の場合、ICP登録やICPライセンスは両方必要なくなる。タオバオがすでにドメインのICP申請を行っているため。

②経営性サイト・非経営性サイトの判断基準:

経営性サイト「ICPライセンスの取得が必要」:サイトを通じ、有償で情報コンテンツを配信したり、電子商取引を行ったり、バナー広告など宣伝行為を行い収益として得た場合などは、経営性サイトに見なす。

非経営性サイト「ICP登録のみが必要」:すべて無償で情報を配信し、サイト自体収益性がない場合。例:会社のホームページなど

③ICP番号を見て、経営性なのか非経営性なのか判断する方法:

北京地区の場合
経営性ICP番号の例:京ICP隸脀030999号
非経営性ICP番号の例:京ICP螟蜀11024914号

広州地区の場合

経営性ICP番号の例:粤B2-20090191
非経営性ICP番号の例:粤ICP螟蜀11054178号

結論:ICPの番号の中に「螟〟vが付く場合は、非経営性サイト。「螟〟vが付いてない場合は経営性サイトだと判断すれば無難であるだろう。

④ICP番号が登録済みで本物なのか?ICP番号の所属先が合っているか?を調べる
ことができるサイト:http://icp.valu.cn/add

(ICPライセンス許可証見本)
0710b3

写真掲載ページ





*

    コメント投稿は登録の必要はありません。

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>