酒井法子なぜ、中国で人気絶大なのか


0408a 中国は薬物犯罪に厳しい国だが、にも関わらず、4月6日、中国政府の公式招待で、執行猶予中の女優酒井法子が、中国を訪問し、中国、公的機関の薬物乱用撲滅PR活動を行うことになった。(左記は:北京空港到着時の写真)

中国映画の出演オファーが3作以上届き、1作につき5000万円以上の出演料が見込んだが、謹慎中のためか、まだ検討中のようだ。

では、なぜ、酒井法子がこんなに人気なのか。それは、酒井法子の15,16年前中国で行った、芸能活動に深く関係があった。

90年代前半、人気絶高調中の酒井法子のドラマ「ひとつ屋根の下」、「星の金貨」が中国で相次ぎ放送され、中国でも地名度が一気に高くなった。
いうまでもなく、日本人女性の美人アイドルとして、大勢の中国ファンが彼女に魅了された。

実は、覚せい剤取締法違反罪で執行猶予中の酒井法子が15年後の今も、中国での人気が衰えてないのは、もう1つ大きな理由があった。

酒井法子が当時、日本で大人気だった、「微笑みを見つけた」の歌を、中国語で歌ったことであった。当時は日本人が中国語で歌うのは大変珍しいことだった。それが人々の心を奪い、大きな感動を与えた。

中国の最大検索サイト百度で、16年前の歌(中国語:微笑)を「酒井法子 微笑」のキーワードで検索すると、いまでも46万件検索結果が出るほどだ。

0408b 酒井法子が今回のPR活動を中国ブログで、中国語で呟いたところ、フォローワーが17万5千人を超えていた。(左記、中国ブログ参照)

中国メディアで大人気の日本人、加藤嘉一も今は、中国のTVでコメンティターを務め、時には、日本人としての見解を中国語の辛口コメントで発し、注目を浴びている。

現在、加藤さんの反響を中国メディアは、「加藤現象」と呼ぶほどまでになっていた。

「中国向けの進出は前向きに検討中だが、どこから始めればいいか」といった、悩みを持つ日本企業は少なくないはずだが、「中国語」は中国ビジネス成功道への、大きなヒントになるだろう。





*

    コメント投稿は登録の必要はありません。

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメント数: 5 件【表示非表示

    中国インターネット新聞さん 2011年4月8日 11時35分

  • 酒井法子さん頑張ってね。応援してますよ。

  • 微笑みさん 2011年4月8日 15時18分

  • 酒井法子の中国語「微笑」下記、Youtubeで聞けます。

    http://www.youtube.com/watch?v=uyvqVKR_IOg

  • でこむさん 2011年4月11日 22時15分

  • 日本人はまだ酒井法子に対して厳しい目を向けているのに、中国の人達は既に温かく迎え入れているのはなぜだろう。

  • ビール一本家事の基さん 2011年4月14日 16時18分

  • 日本では逃亡劇まで演じた子ですよ。やはり、シタタカですね。

  • 日本国民さん 2011年5月5日 22時52分

  • 彼女を誹謗中傷して足を引っ張るのはよしなさい。コメントを読むだけで人として最低だと感じます。今こそ日本人が外国へ行って元気な顔を見せるのは大事な事だと思う。酒井法子さん応援します。

Comment Feed